NEWS

DAS SIGNAL

20th February 2024

DAS SIGNAL

DAS SIGNAL
Ab 7. März 2024 exklusiv und weltweit auf Netflix

SIGNAL/シグナル
ネットフリックス 3月7日 リミテッドシリーズ配信開始

https://www.netflix.com/title/81441399

Die Möwe Pressezitate

19th January 2024

『かもめ』

«Ann Ayano als in Kostja verknallte Gutsverwalterin Mascha beweist die Zeitgeistigkeit der Inszenierung, indem sie sich so verrückt gibt wie Evelyn Wang in der Oscar-gekrönten Komödie «Everything, everywhere all at once». - Neue Zürcher Zeitung

«Alte Formen, neue Formen, es ist doch genug Platz für alle, was soll das Gedrängel? Ein schöner Satz, vielleicht der gelassen klügste in Tschechows Stück "Die Möwe", der noch viel schöner wäre, hätte Tschechow ihn nicht einem zwar kommerziell erfolgreichen, aber Unheil bringenden Dichter in den Mund gelegt. Doch an diesem Theaterabend darf Trigorin, so der Name des Dichters, den Satz nicht sagen. Mascha (Ann Ayano) klaut ihn, die ewig unglückliche Tochter des Gutsverwalters. Ein kleiner Trick mit großer Wirkung, der Tschechows sardonisches Grinsen in ein Lächeln überführt. »- Süddeutsche Zeitung

«Ann Ayano wandert über die Bühne wie unabsichtlich - und haut als Mascha immer wieder großartige Sätze raus.»- Süddeutsche Zeitung

«Die Gutsverwaltertochter (Ann Ayano) ist im Mondlicht wie die anderen auf der Suche nach dem grossen Gefühl – und nach dem richtigen Leben im falschen.»- Tages-Anzeiger

«"Ihre Gefühle lassen mich nicht kalt, ich kann sie nur nicht erwidern", entschuldigt sich Mascha pflichtschuldig bei ihrem Verehrer Medwenko (resolut gespielt von Steven Sowah). Sie, der die -japanische Schauspielerin Ann Ayano den Flair einer traurigen Sirene verleiht, weht durch die Szenen wie eine düstere Vorahnung-nichts von dem, was sich hier verbindet, wird Dauer halten. Statt Bindungen gehen hier alle nur kurze Weltgemeinschaften zum Zweck von drei, vier Lachern aus dem Publikum ein. für Pointen opfert man nicht nur seine eigene Großmutter, sondern gleich das ganze Motiv der unerwiderten Liebe. Jugend bedeutet hier in erster Linie: jedem Schmerz aus dem Weg gehen. » - Frankfurter Allgemeine Zeitung

『かもめ』新聞批評

「コースチャに夢中な領地管理人マーシャを演じたあや乃あんは、オスカー受賞コメディ『エブリシング・エブリウェア・オール・アット・ワンス』のイブリン・ワンのように狂気がかった演技で、この演出の時代精神を証明している。」ノイエ・チュルヒャー・ツァイトゥング(新チューリヒ新聞)

「『古い形も新しい形も、みんなのための十分な場所があるのに、なぜ争うの?』これは、チェーホフの『かもめ』という劇の中で、もしかしたら最も落ち着いて賢明な美しい一文かもしれない。残念ながらチェーホフはこの言葉を商業的には成功しているが災いをもたらす詩人の口に入れてしまった。しかし、この劇の中では、その詩人トリゴーリンはこの言葉を言うことができない。マーシャ(あや乃あん)、いつも不幸な領地管理人の娘が、彼からこの言葉を奪うからだ。これは小さなトリックだが大きな効果を持ち、チェーホフの皮肉な笑いを微笑みに変えるものだ。」南ドイツ新聞

「あや乃あんは、まるで偶然のように舞台を歩き回り、マーシャとして次々と素晴らしいセリフを繰り出した。」南ドイツ新聞

「『お気持ちは本当に嬉しいけれど、ごめんなさいーなの。それだけのこと。』と、マーシャは義務感から、求愛するメドヴェンコ(スティーブン・ソワが力強く演じる)に謝罪する。マーシャは、女優あや乃あんが悲しみに満ちたセイレーンの風情を与えたキャラクターで、シーンを暗い予感のように漂いながら通り抜けるーここで結びつくものは、何も長続きしない。結びつきではなく、ここでは皆、観客から三、四回の笑い声を引き出すためだけの短期的な共同体を形成している。その得点のために、自分の祖母だけでなく、報われない愛という全体のモチーフを犠牲にする。若さはここでは主に、あらゆる痛みを避けることを意味している。」- フランクフルター・アルゲマイネ・ツァイトゥング(フランクフルター総合新聞)

AUFTRITTSINFORMATION

19th January 2024

"Die Möwe" Schauspielhaus Zürich

Di 23.01. 20:00 Pfauen
Do 25.01. 20:00 Pfauen
Sa 27.01. 20:00 Pfauen
Di 30.01. 20:00 Pfauen
Fr 09.02. 19:30 Pfauen
Fr 23.02. 20:00 Pfauen
So 25.02. 16:00 Pfauen
Tickets https://www.schauspielhaus.ch/de/kalender/27002/die-mwe

"Brüste und Eier" Thalia Theater Hamburg

von Mieko Kawakami / Regie Christopher Rüping
MI 28 Feb 2024, 19:00 Uhr
Wiederaufnahme. Theatertag. Nur noch wenige Male
Tickets https://tickets.rzsthh.de/Thaliatheater/SelectSeats?ret=1&e=13491&lang=de&play=brueste-und-eier-2021

出演情報

『かもめ』シャウシュピールハウス・チューリッヒ

公演日程: 1月23日 20時開演
1月25日 20時開演
1月27日 20時開演
1月30日 20時開演
2月9日 19時30分開演
2月23日 20時開演
2月25日 16時開演
チケット: https://www.schauspielhaus.ch/en/kalender/27002/die-mwe

『夏物語』 タリア劇場

川上未映子作 クリストファー・リューピング演出

公演日程: 2024年2月28日19時開演
チケット: https://tickets.rzsthh.de/Thaliatheater/SelectSeats?ret=1&e=13491&lang=de&play=brueste-und-eier-2021

Die Möwe

8th November 2023

『かもめ』

Von Anton Tschechow
Inszenierung: Christopher Rüping
In einer Übersetzung von Thomas Brasch
Schauspielhaus Zürich

INTRODUCTION

Die Familie trifft sich im Haus am See. Mutter und Sohn, beide in der Kunst, bringen ihre Liebhaber*innen mit. Die Liebe flirrt wie die Sommerhitze, das neue Stück des jungen Kostja floppt, seine Mutter Arkadina macht sich lustig. Tschechows Möwe erzählt von Freiheitsdrang, der Sehnsucht nach künstlerischer Anerkennung und einem unstillbaren Lebenshunger. Dabei treten Junge gegen Alte an, Theaterreformer*innen gegen das Establishment.

In seiner ersten Tschechow-Inszenierung überhaupt nähert sich Christopher Rüping dem Stoff mit Spieler*innen seiner eigenen Generation und fragt: Wie schauen wir auf die eigene Biografie, wenn die stürmischen Jahre hinter uns liegen, wir aber noch nicht alt, reich oder berühmt geworden sind? Was trennt und vereint Menschen in der Mitte des Lebens?

Mit Ann Ayano / Maja Beckmann / Moses Leo / Benjamin Lillie / Wiebke Mollenhauer / Lena Schwarz / Steven Sowah
Inszenierung Christopher Rüping
Bühnenbild Jonathan Mertz
Kostümbild Tutia Schaad
Licht Gerhard Patzelt
Dramaturgie Moritz Frischkorn

Unterstützt von Zürcher Kantonalbank & Else v. Sick Stiftung
In Zusammenarbeit mit LAS Art Foundation

Premiere: 22. Dezember 2023, Pfauen
Englische Übertitel
Tickets https://www.schauspielhaus.ch/de/kalender/27002/die-mwe

『かもめ』

INTRODUCTION

湖畔にある家での家族の集りに、芸術家の母と息子が、それぞれの恋人を連れてきます。そこで繰り広げられるのは、夏の日差しのようにきらめく恋の物語です。若きコースチャの作った劇は残念ながら成功しません。彼の母、アルカーディナはその失敗を軽やかに笑い飛ばします。アントン・チェーホフの『かもめ』は、自由への渇望、芸術的な承認を求める心、そして満たされない生への渇望を描いています。この物語の中で若者は上の世代に挑み、劇場改革を目指す者たちが既存のシステムに立ち向かいます。

演出家クリストファー・リューピングは、自分と同じ世代の俳優たちと共に、初のチェーホフ作品の演出に挑みます。彼は、青春の嵐が過ぎ去った今、まだ老いもせず、富も名声も手にしていない自分たちが、どのように自己の過去を見つめ直すかに焦点を当てます。人生の中盤において、何が人々を分かつのか、そして何が人々を結びつけるのか、リューピングはこの演出を通じて問いかけます。この心に響く物語は、人生のちょうど真ん中にいる彼ら一人ひとりの生きざまを映し出す鏡のようです。

原作: アントン・チェーホフ
作曲: クリストファー・リューピング
チケット: https://www.schauspielhaus.ch/de/kalender/27002/die-mwe
出演: あや乃あん/マヤ・ベックマン/モーゼス・レオ/ベンジャミン・リリー/ヴィトケ・モーレンハウアー/レナ・シュヴァルツ/スティーヴン・ソワー
劇場: シャウシュピールハウス・チューリヒ

STAFF

舞台美術:ヨナタン・メルツ
衣装:トゥティア・シャード
ドラマトゥルグ:モーリッツ・フリッシュコーン

初日:2023年12月22日 20時開演 プファウエン 

音楽朗読劇『イノック・アーデン』

27th Semptember 2023

音楽朗読劇『イノック・アーデン』

でも私にはなんだかわかるの。もう二度とあなたの顔を見られないだろうってこと。

INTRODUCTION

19世紀のヴィクトリア朝の詩人、アルフレッド・テスニンの名作『イノック・アーデン』。 三人の幼なじみが紡ぐ悲しくも温かい家族の物語。 R・シュトラウス作曲のピアノによる背景描写と心理表現の中で、物語が朗読される、オペラでも歌曲でも演劇でもない特別な形式の『メロドラマ』。新進気鋭の演出家、田丸一宏とベテランピアニスト服部容子、そしてドイツ有数の公立劇場に出演するあや乃あんの朗読のコラボレーション。音楽と物語が、心に深く触れる瞬間をご期待ください。

日独両言語上演

公演日程につきましては決まり次第お知らせ致します。

原作: アルフレッド・テニスン
作曲: リヒャルト・シュトラウス
演出: 田丸一宏
料金: 5,000円【全席自由】
出演: あや乃あん
ピアノ: 服部容子
プログラム: R.シュトラウス 『イノック・アーデン』 F.リスト:巡礼の年 第2年「イタリア」『ペトラルカのソネット 第104番』

STAFF

照明:中島一
翻訳:あや乃あん
翻訳監修:田丸一宏
字幕:服部容子
主催:あや乃あん
舞台監督:土屋枝穂
宣伝写真:Sven Serkis
宣伝ヘアメイク:sayuri sakairi
チラシデザイン:岸本昌也
制作:センターヴィレッジ 03-5367-8345

STORY

「人が二度も本気で恋するなんて、そんなことできるのでしょうか」
誰も悪くないし、誰かが誰かを思って行動する。全部が美しいはずなのに、その全部が哀しい。
おさななじみの少女アニーに恋する二人の少年、船乗りの倅イノック・アーデンと粉屋の倅フィリップ・レイ。おままごとでアニーは「ふたりのお嫁さんになりたい」という。大人になり、アニーの心を射止めて結婚したのはイノックだった。二人は子供に恵まれて貧しいながらも幸せな家庭を築いていたが、子供たちの教育費を稼ぎたいと、止める妻を残して、イノックは航海に出る。
イノックは何年も帰ってこず、子供達を一人で育てるアニーの生活は困窮していく。貧困のあまり第三子の赤子は病死してしまう。アニーを密かに愛し続けていたフィリップはそれを見かね、自分と再婚し、自分が子供たちの父親にならせて欲しいと申し出る。
無人島に遭難したイノックが何十年も経ったのち家族の元へ戻ると、そこには幸せに新しい家族を築いた妻と子供たち、一家の主人になった幼なじみの姿があった。妻の心境と子供たちの幸福を考え、イノックがとった決断とは。